hiroshi-takano

hiroshi-takano:

image

2014年正月、
ネット上では「あけましておめでとう」と言わなかった。
言えなかった。

昨年も多くの友人・知人・偉人がこの世を去った。
自分が歳をとったからか、ロックが大人になったからか。
そんなふうに、冷静に受け止めようとしてきたけれど。

大晦日。
かしぶちさんに続いて、大瀧さんが逝ってしまった。
メッセージのような、フィクションのような衝撃に動揺したまま、
紅白のあまちゃんスペシャルを観ていた。
虚構と現実がないまぜになった、画期的な演出。
ざわついた心も、少し救われた気がした。
大瀧さんも、観ていただろうか。。。

ムーンライダーズとはっぴいえんど、

新年を迎えてもTwitterの更新はなく、きっと忙しいからだと思っていました。新年の挨拶がなかったのは、そのせいだったとは‥。こういう時いつも思うのは、残された人は生きようと強く心に刻みます。